ハンドクラフト

ハンドクラフト

赤いオイルレザー

おっさんだけど、手芸店に行く勇気(笑
そりゃもう最初の頃はショップに入るのも躊躇ですよ。
でも入らないことには目的の物が買えないわけで。
レザークラフトは男性でもやってる方は結構居る。
鹿児島にも専門店は在るのだろうか?
詳しくは解らないので、もっぱら手芸のまきのさんを利用している。
会社から近いと言うのもあるけど。
最近では東急ハンズやハンズマンのレザーコーナーも見る。
でも革の素材の良い物で大きい物となるとまきのさん一択。
今年も年に一度のレザークラフトセールで赤いオイルレザーの半裁を買ってみた。
そのまま使うも良し、染め足すも良し。
厚手で小物作りには使い道は難しいが、そこそこ柔らかくコシもしっかりしている。
今この革を使って注文品を製作中。
ペンケースはその1つなのだ。
実は一度作って相手に納品はしたものの、試作も兼ねてる関係で聞いた通りのサイズで作って実際に筆記用具を入れるともう一廻り大きく作った方が良いとお互い判断して作り直している。
完成したら交換する予定。

これが一度納めたペンケース

縦はペンに合わせて成り行き、厚さは1.3cm、幅は6cm。
ボールペンで5本程度入る。
筆記用具だけにシャーペンの芯ホルダや消しゴムも入れたかったらしく、
このサイズでは収まりが悪かった。
そこで今作ってる木型は幅は同じだが厚さを1.9cmに6mm増やして作っている。
木型にニスを塗って乾燥したら、革を濡らして押し型成形する。
製作期間はおよそ2週間といった感じだ。
昼は仕事があるので、帰宅後夜間に作るのでどうしても時間が掛かってしまうのは
ご容赦の範囲で請け負っている。
デザインはおいらの気まぐれで作るので完成するまでどんな物が出来るのか、俺自身解らない。
待ってる方も気が気じゃないだろうから、Facebookなどで製作工程を完成まで掲載しているので
徐々に完成に近づく姿が待ってても楽しいと仰ってもらえて助かる。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。